Tablets mix capsule pills heap therapy flu antibiotic pharmacy medicine medical

男性は気付きやすい

The men is thinking

男女ともにセックスは気持ちよくて好きでしょうが、それと同時に性病という存在は非常に怖いですよね。性病になってしまうと苦しいですし、完治するまでセックスが出来ないというのもつらいです。性病によっては苦しいだけでは表せないほどの症状を持つものもありますからね。
性病の感染者数でトップクラスに多いのがクラミジアと淋病です。この2つの性病に感染している人は本当に多いです。しかし、症状自体はそれほど苦しいものではありません。女性にいたってはこの2つの性病では無症状であることが多いです。だからこそ感染率が高いのかもしれませんけどね。性病に感染していることに気づいていなければ治療するという考えすら起きません。そうなってくると、そのままセックスを続けるので菌がどんどん拡散していきます。
クラミジアに関しては男性であっても無症状である場合も多いです。出てくる症状と言えば、排尿時などに痛みが少しあるくらいです。あとは膿が出てくることもありますが、症状が微かなため、なかなか気付きづらいです。ですが女性に比べれば感染に気付きやすく、男性側がクラミジアの感染に気付いたことで女性も自分の感染に気付くというパターンが多いです。
淋病はクラミジアの症状と似ていますが、どれもクラミジアよりも症状が強いです。淋病の潜伏期間は数日なので、感染したらすぐに気付けます。長くとも潜伏期間は1週間です。潜伏期間が他の性病よりも少ないので、早く治療に取り掛かれます。なので淋病に関しては潜伏期間で不安になる必要はないでしょう。